FP2級 受験者

FP2級の受験者の属性を考える

FP2級の合格率に影響してくるのが、受験者の属性です。

FP2級のような絶対評価の試験なら、どのような人が受験するかによって、

大きく合格率に影響してきます。

受験者のレベルが低ければ合格率は低くなり、逆に受験者のレベルが高ければ、

合格率は高くなります。

では、FP2級の受験者はどうなのかと考えた場合、結論から言えば、

それほどレベルは高くないと思います。

その理由を知るために、受験者の属性を理解する必要があります。

正確なデーターはないのですが、FP2級を受験される方は、

現在保険、銀行、証券会社などの金融系の仕事をしている社会人です。

これらの業界と言うのは非常に仕事が忙しく、残業は日常茶飯事で、
帰宅が深夜になることも珍しくありません。

しかも、社会人ということもあり、同僚や上司との付き合い、時には
接待と言う可能性もあります。

つまり、勉強時間があまり取れない方が非常に多いのです。

その上、そのような状況にも関わらず、独学で勉強している方が多く、
とても合格できる環境にありません。

もちろん、このような人達ばかりではありませんが、
FP2級の受験者は、
大学や高校受験者のように皆が皆必死に勉強するわけでは
ないということは言えます。

これは、あくまでも個人的な意見ですが、FP2級の勉強を本気で
している方は、
全体の4割いれば良いほうだと思います。

ですので、確かにFP2級は合格率が低い試験ではありますが、

あなたがしっかりと勉強することができれば、十分に合格できてしまう試験です。

その勉強が出来るか、出来ないかで合否が決まってしまいます。
言うならば、FP2級の合格率と言うのは、しっかりと勉強した人の割合と
言っても良いと思います。

FP2級一覧

ピックアップ通信講座