FP2級勉強法

FP2級合格に必要な3つの勉強法

勉強するまでの準備が整えば、いよいよ本格に勉強を進めていく事になります。

ただ、本格的な勉強と言っても、あなたが行う事は大きく分けて、
3つしかありません。

1、基礎知識の習得
2、過去問演習
3、今までの総復習

この3つをしっかりと勉強するだけで、FP2級に十分合格することができますし、

逆を言えば、それ以外の勉強をする必要はありません。

ではそれぞれの解説をしていきます。
具体的には別のページを割いて説明するのは
ここでは、どのような勉強をするかイメージを持つだけで結構です。

1で勉強する事は、テキストに書かれている知識を理解する事です。

つまり、あなたがこれからFP2級の問題を解いてくための基礎を
身に付けていくのです。

ここで勉強する事はFP2級の土台になっていくので、とても重要になります。

2は、その名の通り、過去問を繰り返し解く勉強です。
FP2級で勉強する問題集は、過去問だけで十分です。

もし余裕があれば、オリジナルの問題集を解いても構いませんが、
基本は過去問だと理解して下さい。

また、過去問はこの3つの勉強で最も重要で、過去問を解けるようにならなければ、
まず合格できません。

基本的にFP2級の問題は過去問をベースに作っており、
本試験では過去問からの
類似問題が多数出題されます。

さらに、過去問を解く事で、問題のレベル、出題範囲の予測、問題の解き方が
理解できるので、かなりの解答力を付けることが出来ます。

過去問演習は一番時間を割いて勉強して下さい。

最後の3は、自分の弱点を補うための総復習を行ないます。

この段階までくれば、自分の苦手な分野や弱点がわかっているはずでので、
そこを重点的に復習して、本番に備えます。

尚、ここで復習すると言っても、それまでに1度も復習しなくて良いわけでは
ありません。
復習は必ず小まめに行なってください。

そうでないと、勉強したことをすぐに忘れてしまいます。

ここで言う復習というのは、あくまでも仕上げと言う意味です。

FP2級一覧

ピックアップ通信講座