FP2級の難易度

FP2級の合格率って?

これまで、FP2級の合格率について話をしてきましたが、
結局のところ、合格率事態にそれほど意味はありません。

今、日本には多くの国家資格があり、その中には難易度S級の資格も数多くあります。

例えば、司法試験、司法書士、弁理士、公認会計士などです。

これらの資格に合格するには、正直努力だけではどうしようも出来ない事があります。
昔からの勉強の積み重ねが必要で、昨日今日から本格的に勉強しても、

対応できるものではありません。

良くテレビなどではまったく駄目な人が必死に努力して成功を収める

サクセスストーリが紹介され、あたかも頑張れば誰でも結果ができるような印象を受けます。

しかし、そのような人というのはほんの一握りで、多くの方は途中で挫折しています。
特に、勉強と言うカラゴリの中では、その傾向が強くなります。

しかし、FP2級に資格に限って言えば、勉強さえすれば、
昔から勉強が出来なくても、
昨日今日本格的に勉強をはじめ方でも
必ず合格することができます。

要は、学習量さえ積めば、嫌でも合格できてしまうのです。

そこには、合格率はまったく関係ありません。

例え、合格率が一ケタ台でも、あなたがしっかりと勉強さえすれば
合格出来てしまうのです。

ですから、これから皆さんが気にしなければいけないのは
合格率ではなく、
どのように勉強していくかです。

この勉強方法のよって短期間で合格できるのか、長期間かかるのか、

それとも挫折してしまうのかが決まります。

ここまでの内容は、比較ゆるく説明してきましたが、

これからは本格的な勉強法をお伝えしていきます。

それをあなたが理解して、確実に実行してほしいと思います。

そうでなければ、挫折してしまう可能性も十分にあります。

ここではまず、しっかりと勉強すれば、FP2級は合格できると、
覚えといて下さい。

FP2級一覧

ピックアップ通信講座